Q:  「自分一人で石を持ち上げる気がなかったら、二人でも持ち上がらない」という言葉は、ゲーテの言葉の言葉でしょうか?

A: この言葉は、一般にゲーテの言葉として流布しています。
出典は、ゲーテの死後に編纂・出版された『箴言と省察』のなかにあります。
原文: »Wer einen Stein nicht allein erheben mag, der soll ihn auch selbander liegen lassen.«
しかし、この言葉は、厳密な意味ではゲーテ自身の言葉ではありません。
訳文にも、むろん原文にも括弧(≫ ≪)がついていることでも示唆されていますが、この言葉は、ゲーテが他人の言葉を引用したものです。
『箴言と省察』が採用した原典(フリードリッヒ・ヴィルヘルム・リーマーがノートしたゲーテの言葉)を見ると、そこには、「ユリウス・ヴィルヘルム・ズィンクグレフの格言」と記されています。
ズィンクグレフとは、16世紀末から17世紀にかけて(1591~1635)生きたドイツの警句詩人です。
ただし、ズィンクグレフの原典と照らしあわせたわけではないので、問題の警句が、ズィンクグレフの言葉そのままなのか、あるいは、ゲーテの粉飾が加わっているのかどうかはわかりません。












財団法人 東京ゲーテ記念館
114-0024 東京都北区西ヶ原2丁目30番1号
tel.: 03-3918-0828
mail: info@goethe.jp