Q: 「人間というものは、何を志し、何を企てようとも、結局は、自然があらかじめその人のために定めておいた道へ連れ戻されるものである」というゲーテの言葉の出典と原文を教えてください

A: 出典は、『詩と真実』第1部第4章にあります。原文は、以下の通りです。
Der Mensch mag sich wenden whohin er will, er mag unternehmen was es auch sei, stets wird er auf jenen Weg net hat.

Dichtung und Wahrheit, Erster Teik, 4. Buch













財団法人 東京ゲーテ記念館
114-0024 東京都北区西ヶ原2丁目30番1号
tel.: 03-3918-0828
mail: info@goethe.jp